静岡で家庭教師を探すお役立ち情報

静岡県で家庭教師をしていて知った、受験ノウハウや学習の仕方など。家庭教師情報も配信します。

私が家庭教師を始めたきっかけ

私が家庭教師を始めたきっかけは高校生の時に親戚の小学生に勉強を教えてやってくれ。
とその子の親から頼まれたことがきっかけでした。
 HY189_350A
最初は私自身全く乗り気じゃありませんでしたが、国語の勉強を教えたらその子の成績が良くなってその子の両親や私の親から褒めてもらってお小遣いを貰えました。
 
その時に「あんた将来家庭教師でもやりぃよ」と言われました。
その後私の大学受験があったりした後に無事に大学に合格して通いはじめて暫くして生活が落ち着いてきた時に友達が家庭教師のアルバイトを始めると聞き、その時に昔言われた事を思い出してその友達が登録しようとしていた家庭教師派遣に私も登録したいと頼み紹介をしてもらい登録して家庭教師を始めました。

ノルマは設定せずにその子のペースで学習する

私は国語と社会を教えていました。
 
私には教えるテクニックなんてありませんでした。
だから相手を飽きさせない事、教えてやってるって思わない事、上から目線にならない事なんて言うもしも自分が家庭教師に教えてもらうとなった時にこういう家庭教師だったら絶対イヤだなということにならないようにだけ努力をしていました。
 
空気が悪くなると上手くいく事もいかなくなるのでまずはそういう所を重視していました。
後は絶対に今日はここまではやる!というノルマ設定はしませんでした。
 
ノルマをクリアするために無意味に長時間かけてしまうと双方が疲れたり飽きたりして頭に内容が入らなくなったり、真剣に向き合わなくなったりするので勉強時間は極力長くならないようには注意しながらやっていました。

教える以外のところで苦労も

まず大変だった事は親御さんとの関係でした。
といっても変な関係なんかにはなりませんでしたが、家庭教師の仕事の前後にお菓子とか飲み物を出された時に自分が食べれない飲めないものを出されてしまう事がありました。

私はコーヒーや甘いものが苦手なんですが残してしまうと申し訳ないとか悪影響に繋がるんじゃないかと思い無理して飲み食いしていました。

後は派遣元に提出しなければならないレポートの記載があまりにも細かく詳細に書かないとダメだったので家庭教師を終えたあとに余計に頭を使わないといけなかったので家に帰った後レポートを作成した後はぐったりしていました。
他の家庭教師の所でもそういうのはあるのかな?と思っていました。

生徒さんの合格は一番のやりがい

家庭教師をしていてやりがいを感じたことは、家庭教師をしに行った時に生徒さんが嬉しそうな顔をしてテストの成績や模試の結果を見せてくれたことです。

成績が良くなっていたらもっと頑張って成績を良くしてあげたいって思いましたし、逆に成績が期待していたほど良くなかった時は次はこうしようとか考えることに繋がり自分の中で色々頭を使いやりがいを感じていました。

後は生徒さんが志望校に合格したと連絡を受けた時は本当に感動をしました。
その連絡をもらった時私は駅のホームで電車を待っていたのですが連絡をもらった時は嬉しくて体が震えて周りに誰もいなかったのでホームで泣いてしまい電話の向こうで生徒さんから「泣くな!」と笑いながら言われてしまいました

自分に合った家庭教師を探すこと

悪い家庭教師は邪な考えをもっています。

私も聞いた話ですが例えば親御さんがいない時間帯を聞いてそこに合わせてみようとしたり、異性じゃなきゃイヤとリクエストする人がいるとかあります。
だから最初にそういう嫌な気配を少しでも生徒本人あるいは親御さんが感じたらすぐに家庭教師の変更を申し出て下さい。

家庭教師は沢山いるので理想の家庭教師は必ず見つかると思いますので申し訳ないなとか考えないで大丈夫です。
 
後は郵便受けにチラシを巻いているような家庭教師派遣の会社はあまり信用しない方が良いです。

おすすめの家庭教師派遣会社→静岡の家庭教師アズネット

そういう所は機械的に派遣する人を決めているケースが多いのでトラブルになるケースが案外多いです。
 

【受験お役立ち】地理学習で歴史も成績UP

中学高校と中高一貫校に通い、地理学習を通して社会科全体の成績をUPした受験体験記です。

大の苦手科目だった地理

地理については海外の地名が出てくるとちんぷんかんぷんになってしまっていました。
中国の地名は漢字だったので頭には行ってきやすかったが、細かい地名が出てくるともう判らなくなりました。

中国以外はカタカナな上に中東や中央アジアは似たような地名がたくさんあるせいで混同してしまうことがよくあり、筆記式はおろか選択式ですら誤った選択肢を選びがちでした。

さらに海外の地名が憶えられないので細かい区分に分けられることの多い気候区分と地名をあわせて、どこの地域がどのような気候なのかが頭に入ってこないため、大の苦手だった。

続きを読む

受験に一度は失敗するも公立大学に進学

大学受験に失敗し、高校卒業とともにフィリピンへ語学留学。
その後ニュージーランドにワーキングホリデーへ。
そこで培った英語力を武器に現在の大学に進学(公立大)した方の英語学習方法です。

英語の文法につまづき苦手科目に

もともと私は、理系だったので英語は苦手でした。
特に文法が苦手で高校時代文法問題は全然解けませんでした。
 
長文に関しては、ある程度単語を覚えたので全く読めないことはなかったのですが、やはり文法ができていなかったので失点は多かったです。
また発音に関してもお世辞にも上手とは言えず授業中にたどたどしい英語を話していました。

苦手と感じた時期は高校1年ごろ関係代名詞あたりでつまずき始めたと思います。
なので高校3年生の時に受けたセンター試験では100点前後しか得点できませんでした。

高校受験の時はそこまで苦手意識はありませんでした。
しかし特別得意科目と感じたこともありませんでした。
続きを読む